HOME > ブログ > アミノ酸の効果って本当に知ってる?

ブログ

< 食べて痩せる!?〇〇食材  |  一覧へ戻る  |  ダイエッターなら知っておくべき絶対定義 >

アミノ酸の効果って本当に知ってる?

『アミノ酸』と聞いて何を思い浮かべますか?

アミノ酸.jpg

健康に良いとかアンチエイジングや美容効果がある、ダイエットに良いとかですかね。

もちろんこれらは正解です。

最近では、食料品だけでなくアミノ酸シャンプーやアミノ酸配合の化粧品のような日用品も沢山出てきましたね。

沢山見られるようになりましたが、果たして何にそんな良いのか?

まず、アミノ酸とはタンパク質という栄養を構成する更に小さい単位の栄養の事です。

タンパク質と思っておいてもらえれば良いかなと思います。

そしてそのアミノ酸はなんと20種類も種類があってその一つ一つそれぞれが効果が違います。

タンパク質が含まれる食材一つ一つで構成されているアミノ酸の種類や量は違うのでアミノ酸が入っていますと言っても自分が欲しい効果のあるアミノ酸なのかどうかが肝心です。

ではどういうアミノ酸が良いのか、ほんの一部をご紹介しましょう。

20種類の内、最も大事なのが9種類。

フェニルアラニン

ロイシン
バリン
イソロイシン
スレオニン
ヒスチジン
トリプトファン
リジン
メチオニン


以上の
9種類は身体の中で作られないので必ず食べ物や飲み物などで外から摂取しないといけないのです。

これらを必須アミノ酸と呼びます。


しかし、こう並べられてもなんのこっちゃですよね(笑)

今回はこの中から要点を絞ってダイエットに良い必須アミノ酸をご紹介します。


・バリン、ロイシン、イソロイシン
三つセットで通称BCAAと呼ばれます。
主に筋肉を造る材料となり、脂肪を燃やし、疲労回復も促してくれます。
赤身肉や卵に多く含まれています。
サプリで摂る場合は一回当たりバリン500㎎、ロイシン1000㎎、イソロイシン500㎎は最低でも欲しいでしょう。

・リジン
身体の中で酵素やホルモンの材料になってくれます。
糖質の代謝、カルシウムの吸収を助けてくれます。
これはダイエットには必須の事なのです。
大豆製品に多く含まれる傾向にあり、一番多いのは湯葉です。
一日体重×30㎎欲しいと言われています。
サプリで飲む場合は一回当たりがその1/3くらいは欲しいでしょう。
例)体重50㎏の場合50×30÷3=500㎎
  サプリ一回の摂取で500㎎摂りたい。

・ヒスチジン
満腹中枢を刺激し少ない食事量でも満足感を得られるようになります。
カツオやマグロなどの赤身魚が最も多く含有しています。
鰹節でもOKです。
これは大体、体重×10㎎の摂取目標になるので、これもサプリだと一回で1/3くらいは欲しいですね。


これ以外にもダイエット効果のあるアミノ酸はありますが、今回は必須アミノ酸の中に絞ってみました。

ダイエット効果が欲しくてアミノ酸のサプリを飲んだりする時はこのアミノ酸の含有量に注意してみて下さい。

時々、全然関係ないのが入ってたり、物凄く含有量が少ない物もあるので(笑)

次回は必須アミノ酸以外のアミノ酸のダイエット効果にも焦点を当てながらまたアミノ酸について掘り下げていきましょう!

ご拝読ありがとうございました。


< 食べて痩せる!?〇〇食材  |  一覧へ戻る  |  ダイエッターなら知っておくべき絶対定義 >

このページのトップへ